MENU

ドコモ光キャンペーン@ヨドバシカメラ VS とくとくBB

 

【ヨドバシカメラ】Dポイント or 商品券5000円分

 

以上!

 

ドコモ光をヨドバシカメラで申し込んでも、ほとんど意味がありません。

 

何故なら、これからご紹介する”GMO トクトクBB”のほうが圧倒的にオトクだからです。

 

GMO とくとくBB

 



 

 

  • Dポイント5,000円分
  • キャッシュバック5,000円
  • 15000円相当のWi−Fiルーター

 

キャッシュバックは新規:5,500円 転用:5,000円です。

 

※転用は、工事が不要

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!

 

最強のポイントは速度!

 

GMOとくとくBBの最大の強みは超高速!

 

「プロバイダーで速度って変わるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ズバリ!異なります(汗)

 

※その証拠に公式サイトに通信速度データを公表しています。

 

  • オンラインゲームで途切れて仕方がない!
  • 動画がカクカクする
  • ダウンロードが遅い!

 

パソコンなどを交換しても、ネットスピードに変化がないのあれば、ドコモ光&GMOとくとくBBは最適です!

 

 

ドコモ光の特徴と魅力をご紹介

 

様々な光サービスが開始されていますが、「ドコモ光」は果たしてお得なのか、光サービス検討中の方に多く聞かれる疑問の声です。

 

確かに一見複雑ですが、その特徴と魅力をまとめてみました。

 

まずは、ドコモ光の契約を「フレッツ光から転用」するのか「新規契約」するのかという点です。

 

フレッツ光というのはNTTが提供しているサービスですが、フレッツ光から転用する場合は面倒な手続きや工事が不要です。

 

そのまま引き継いでくれるので、手続きが終了すればドコモ光のサービスが受けられるのです。一方、フレッツ光ではない他者からの乗り換えの場合は、今までの光事業者の料金との比較になってくるでしょう。

 

それでは、フレッツ光からの転用でなければ損をしてしまうのかといえばそうではありません。

 

ドコモ光には「ドコモ光パック」と言って、ドコモの携帯電話やスマートフォンを使っているユーザー向けのセットパックを展開しています。

 

対象となるプランはデータM/Lプランおよび各シェアパックプランですが、それぞれのパックが大きくなるほど受けられる割引が高くなるのです。

 

例えば家族での利用を想定した「シェアパック30」では月々最大3200円の割引が受けられることになるわけです。

 

家族みんながドコモユーザーの家庭ならお得にインターネットを楽しめますね。

 

大手家電量販店ヨドバシカメラの魅力とは?

 

大手家電量販店には様々な店があります。

 

その中でヨドバシカメラの良さはどういったところにあるでしょうか。まずは「立地」があるでしょう。

 

新宿西口に本店がありますが、他に新宿東口・秋葉原・上野・吉祥寺など都心の主要ターミナル駅に立地しているので買い物に行くのに便利です。

 

「店舗の魅力」が増えています。例えば、秋葉原にある「マルチメディア・Akiba」では家電だけを売る店ではありません。ラーメン・パスタ・カレー・焼肉・居酒屋など様々な店が入るレストランフロアーや、ファッションや小物・本やCD・眼鏡・病院などの専門店があったり、ゴルフ用品・おもちゃ・フィットネス用品・自転車の販売もあり、都心にあるショッピングセンターのような感じです。この一店舗でいろいろな買い物と食事ができ何時間でもいられます。「店員の質」にはこだわりがあります。

 

ただ家電製品を安く売ればいいというわけではなく、お客様の要望に応じた家電製品を提案したいと考えています。お客様によって欲しい商品は変わります。

 

低機能でもできるだけ安いものが欲しい人がいれば、お金はある程度出しても高機能な商品が欲しい人もいます。親身に話しをして一緒に商品を探すことで信頼感が生まれ、またヨドバシカメラで買いたいと思うようになります。

 

 

ドコモショップの魅力とは?

 

ドコモショップの魅力して、まずはドコモから提供されている最新かつ魅力的な端末を実際に手に取れることが挙げられます。

 

これはドコモショップに限りませんが、場所によって多くの端末が取り揃えられているため、特に機種変更や新規導入の際には積極的に足を運ぶべきです。

 

次に、豊富な知識と経験を有した販売員とコミュニケーションを図ることが出来る点です。

 

近年では携帯会社の競争が激しくなってきたため、特にドコモは販売員に対する教育や研修に力を入れています。

 

そのため、スマートフォンやタブレットのことがよく分からないという人はもちろん、ある程度の知識を有している人や、常に新しい情報を仕入れたい人などにとってもドコモショップに足を運ぶ有用性は高いです。

 

定期的に魅力的なキャンペーンを行っていることもドコモショップの魅力です。過去にあった例としては解約可能なコンテンツに無料登録することで、
5000円分の携帯カバーや保護ガラスなどをプレゼントしたり、ガチャガチャの内容によっていくらか割引したりなどが挙げられます。

 

ドコモではdポイントという制度を導入しているため、そういった定期的なキャンペーンと併用することでよりお得にドコモを利用することが可能です。

 

 

 

ネット回線についてのQ&A

 

ネット回線疑問の人

 

回線の光電話!メリット&デメリットは?

 

電話回線を使用して電話を使うのが一般的ですが、最近はネット回線光電話と呼ばれるサービスが登場しています。これは家電量販店といった場所で光電話の契約を行う特典としてついてくるものです。月額料金が非常に安いのでランニングコストを気にする人に良いでしょう。
一番のメリットと言えばやはり価格が非常に安い部分です。一般的な家庭のアナログ回線は基本料金として1600円かかります。一方光電話の場合は500円前後なので大幅なコストダウンが可能です。また全国どこに通話をしても3分で8円程度の金額となっているため、長距離の通話でも安心して利用できます。ただ安いだけでなく高速通信をする事ができる部分もメリットと言えるでしょう。
アナログ回線だと古いケーブルを使うのでノイズが発生する可能性があります。光回線はノイズがなく高品質な音声を届けられるのが魅力です。逆にデメリットになる部分といえば停電した時に通話ができなくなるところといえます。
インターネットができない状態だと光電話は使えないです。停電するとインターネットもできなくなるので通話も不可能となっています。時報や天気予報といった特殊な電話番号を使うことができないデメリットもありますが、今はインターネットで簡単にチェックが可能です。

 

 

新規回線と転用回線の違いは?

 

ネット回線には新規回線と転用回線の二つがあります。新規回線というのは、そのままの意味でプロバイダと新規に回線を繋ぐことを意味します。普通、プロバイダと契約をしたときにはインターネットを利用することができるようにするために回線を繋ぐための工事を行ってもらわなくてはいけません。光回線を利用するときなどはその典型で、工事費なども必要になります。回線を繋げる場合には、それに対応した住居である必要があるので、仮にマンションなどで暮らしている場合には事前に確認をとらなくてはいけません。一方で、転用回線というのは従来まで利用していた回線を転用することを意味します。本来は工事をして回線を繋がなくてはいけませんが、既に回線を繋いでいる場合にはそれを利用して転用するわけです。大きな違いとしては、初期費用が全く必要にならない点でしょう。新規回線の場合は必ず回線を繋ぐための初期費用を考慮に入れなくてはいけませんが、転用回線の場合は既にある回線を再利用するだけなので、それに伴う費用はありません。転用に伴う手続きの費用だけで済むので、新しく費用を使う必要がないわけです。そのため、状況によっては転用回線の方が安くなります。

 

 

光コラボレーションモデルのメリット&デメリット

 

光回線によるインターネットサービスを導入する際には、様々な契約方法が用意されており、近年増加傾向にあるのが光コラボレーションモデルです。

 

光コラボレーションモデルとは、プロバイダーなど回線事業者以外の企業が、回線とプロバイダー、その他のオプションサービスをセットで消費者に販売する販売モデルの事です。

 

 

この販売モデルのメリットは、消費者が光インターネットサービスを導入しやすいという事と契約する企業によっては月額料金を安く提供しているという事です。

 

従来は、プロバイダーサービスと回線サービスを別々に契約していく必要がありましたが、光コラボレーションモデルを活用すれば、ユーザーにとって契約の手間を省く事ができ、ランニングコストの減少が出来ますので金銭的な負担を軽減出来ます。

 

一方で、デメリットは、元の回線よりも通信速度が落ちる場面があるという事です。プロバイダーの設備やシステムの利用状況、ユーザーの回線の利用状況によって、
限られたリソースを使ってサービスを提供していますので、通信速度が落ちるといった事が起こりえるのです。また、一度転用しますと、他の光コラボレーションモデルを採用しているサービスへの再転用は出来ません。

 

この場合、新規に契約しなければいけませんので、場合によってはキャッシュバックキャンペーンの適用外になる事もありますので注意が必要です。